軽井沢おもちゃ王国へ行くときに鬼押しハイウェーを通らないルート

スポンサーリンク

 軽井沢おもちゃ王国へ行ってきた

先日、娘が「メルちゃんハウスに行きたい!」と言うもんだから、「メルちゃんのおへや」がある「軽井沢おもちゃ王国」へ行ってきました!

「軽井沢おもちゃ王国」へ行くのは初めて♪

しかも、出発したのがお昼だったので下調べする間もなく向かいました。

ナビ通りに行ったら、「鬼押しハイウェー」という有料道路を通ったのですが、迂回ルートも悪くなかったのでご紹介したいと思います。

※トップ写真は、「鬼押しハイウェー」沿いにある施設「鬼押し出園」の写真です。鬼押しハイウェーを走っただけでは写真のような景色は見られないのであしからずご了承下さい。

 鬼押しハイウェーを通って行ってきました

まず、「軽井沢おもちゃ王国」は「軽井沢」と名前がつきますが、群馬県です。

一般的に、皆さんが「軽井沢」と聞いて思い浮かべる長野県軽井沢町から車で約1時間ほどかかかりますので、我が家のように思いつきで行かれる方はご注意くださいね。

さて上信越自動車道の碓氷軽井沢インターチェンジを下りて、一路「軽井沢おもちゃ王国」を目指します。

ナビ通りに進むと「鬼押しハイウエー」の看板がでてきました。

パパと「有料道路通らないと、おもちゃ王国へ行けないの?」→「調べて!」→「わからない」となり、結局「鬼押しハイウェー」へ入りました。

料金所が2か所あって「軽井沢おもちゃ王国」へ行く場合は最初の料金所で620円支払います。2回目の料金所では、レシートを見せれば大丈夫です。

し、しかしですよ?往復1280円あれば、大人1人分くらいのお昼代になるではないですか!ということで、帰路は「鬼押しハイウェー」を通らないで帰ってきました。

 鬼押しハイウェーを通らないルート

今回、ご紹介するルートは東京方面から「軽井沢おもちゃ王国」へ行く方のためのルートです。

碓氷軽井沢ICで上信越道を下りて、ナビ通りに進めていくと、進行方向右手側に「峰の茶屋」という信号があります。(脇に信号と同じ名前のお土産屋さんがあります)

そこからさらに進めると、「軽井沢おもちゃ王国」なのですが、ここを右に折れて一般道(国道146号)に入れば、「鬼押しハイウエー)を使わずにすみます。

そして、セーブオンとセブンイレブンが向い合せになっているところを左折すると、鬼押ハイウェーと同じ道にでてきますよ。

ちなみにセーブオンとは、群馬県にあるコンビニのことです!

コンビニが向い合せになっているところを曲がるだけなので、わかりやすいですよ!

まとめ

距離にすると鬼押しハイウェーが約9キロ、下道が約12キロです。時間にすると10分くらいでしょうか?

「鬼押しハイウェー」は整備されているし「軽井沢おもちゃ王国」へ行く最短ルートですが、私はそれくらいの違いなら下道派です!

それに、「軽井沢おもちゃ王国」は売店を通らないと、入場&退場できない構造になっています。1280円あれば、お土産も買えちゃいますよ。

どなたかの参考になったら「うれしい」です。

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ