子育て中ママのお役立ちアプリ「おにから電話」を使ってみた

スポンサーリンク

ゴールデンウィークのお出かけに

ゴールデンウィークも終盤にさしかかってきました。皆さんいかがお過ごしですか?

実は、私、少し遠くに出かけていました。

普段は、群馬県から出ないので移動中娘が「おりこう」にしてくれるか心配だったのですが、友達から教えてもらったアプリ「おにから電話」でなんとか乗り切りました!

アプリ「おにからでんわ」とは?

実は、私、ブログを書いている割には、アナログ人間なのです。

スマホも基本操作以外はできないし、自分からアプリを検索することも、まずありません。

なので、「おにから電話」の存在もまったく知りませんでした。

職場の20代のママから教えてもらったのですが、その後まわりのママに聞いてみると、けっこう使っている人多いのですね。

使ってなくても存在自体は知っているよ!という人も多かったです。

さっそく使ってみた感想をまとめてみたいと思います。

おにからでんわとは?

子育てをしていると、どうしてもいうことを聞いて欲しい!という場面がいくつもあると思います。

今回、私は高速道路のサービスエリアで使ってみたのですが、やはり公共の場で騒がれると、まわりの人の迷惑になるし、恥ずかしいし、疲れるし、車も通るので危ないです!

そんなときに、この「おにからでんわ」を使ってみると…

「もしもし、また言うことを聞かないんですか?」と赤鬼さんから電話がきました。

スマホの画面からもイカツイ顔の鬼さんが見えるので、娘も「えっ!なに…なんなの?」と、びっくり。

続けて、鬼の会話にあわせて私が返事をします。

「うちの○○ちゃんはいい子なので結構です」

って言ったり

「そうなんです!また言うことをきかないんです」

っと会話をすると、娘も赤鬼さんが恐いのかいうことを聞いてくれましたよ。

ちょっと可哀そうな気持ちもしますが、私が小さい頃なんて

「おしりペンペンするよ!」

と言われ、本当にペンペンされていましたからね。(笑)

ペンペンされないだけ良いと思います。

赤鬼さんだけはない!

「おにから電話」のキャラクターは赤鬼さんだけではありません。

他にも

・なまはげ

・オオカミおとこ

・おばけのおちよ

などバラエティーに富んでいるのも面白いです。

うちは、一番「あかおに」が効果がありましたが、「なまはげ」が効果がある!っていうママも多かったです。

ちなみに「なまはげ」は途中から宣伝になります。(笑)

怒るだけではない「おにから電話」

おにから電話のカテゴリーには「おすすめ」「しかる」「ほめる」と3つのカテゴリーがあって、いうことをきかせたいときだけではなくて、褒めたいときにも使えます。

挨拶ができた時には妖精のモモチンが褒めてくれますよ!

パパにも有効だったりして

おにから電話いは、パパに使えるシチュエーションもあって

「パパがゴロゴロしている時」にも怒ってくれます!

休みの日の朝にゴロゴロされていると、お掃除もできないし、困りもの。

今度はパパにも使ってみようかな。

便利なタイマー予約も

平日の朝は、時間との勝負!

朝、保育園に行く前にグズられると朝からまいっちゃいますよね!

そんな時には予め、タイマー予約をしておけば鬼さんから電話がかかってきますよ!

まとめ

この「おにから電話」は、まったく怖がらなくてつかえなかった~というママもいましたが、一般的には小学校低学年くらいまで使えるそう。

できれば、「おにから電話」に頼らなくても、すむようにしたい!と思いますが、今回のように、「外出のとき」とか「朝出かける前だけ」とか自分の中にルールを作って使いたいと思います。

これから先には憂鬱な!?夏休みも待っています。困ったときには「おにから電話」使ってみてはどうでしょう?

おまけ

実際に使わなくても、聞いているだけで面白かったりもします。

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ