足のむくみを放置するのは危険!気づいたらすぐ解消しましょう

スポンサーリンク

やっかいな「むくみ」

夕方から夜にかけて、履いている靴がキツく感じられたり、ふくらはぎが重だるかったりすることってありませんか?

ひどいときは、スネ部分を指で押すと、凹んだままでなかなか元に戻らなかったりなんてことも。

これらは、むくみ(浮腫)によるものです。

今日は、この厄介なむくみについてお話します。

むくみを放置するのは危険

「あー、今日も足がパンパンッ」とか言いながら、何もしないで放置し続けていませんか?それ、かなり危険かもしれませんよ。

まず、むくみ足をそのままにしていると、確実に足が太くなるんですって!

そして、足のむくみは、狭心症や心筋梗塞、腎臓の機能異常、下肢静脈瘤や慢性静脈不全などの病気のサインの可能性もありえるそうです。

足がむくんだら、まずは小まめにむくみを解消して、それでもさらにむくみが続くようなら、お医者様に診てもらうことをお勧めします。

むくみチェックリスト

次のチェック項目のうち、半分当てはまれば、完全なむくみ足です。すぐにむくみ解消に努めましょう。

【むくみチェック項目】

・夕方になると、ふくらはぎが重だるい

・夕方になると、靴がキツく感じる

・夕方になると、ブーツが脱ぎにくい

・夜になると、足にチクチクした痛みを感じる

・足の重だるさやチクチク痛で眠れないときもある

・一日中、足の疲れがなかなか取れない

・以前より、足が太くなった

・以前と比べて、靴のサイズが大きくなった

・指で脛を押すと、凹んだままで戻りにくいことがある

・靴下を履くと、ゴムの跡がクッキリつく

・足がつりやすい

いかがでしたか?

やっぱり「むくみ足」だと思ったら、ぜひ続きを読んでみて下さいね。

むくみの原因

心臓から送り出された血液は、体中をグルッと巡って、最後にまた足から押し上げられるようにして心臓に戻って来ます。

重力に逆らって血液を押し戻すには、ポンプの役目を果たす足の筋肉のサポートが不可欠なんです。

ところが長時間同じ姿勢でいると、足の筋肉の動きが止まっているため、サポート力が極端に弱まってしまいます。

その為、心臓に戻るべき血液が足に留まったままになり、やがて静脈から血中の水分が漏れ出てしまうのです。

これが「むくみの正体」というわけ。

そして、血中の水分が流出することで、血液は濃度を増し、静脈内に「血栓」を作りやすくなってしまいます。

長らく動いていない状態で出来た血栓が、次に体を動かしたタイミングで肺に飛んで詰まってしまい、「肺塞栓症」を起こしてしまうのです。

これがよく聞く、「エコノミークラス症候群」と呼ばれる症状です。

エコノミークラス症候群や、それと類似の症状は、乗り物に乗っているときだけに起こるわけではなく、オフイスや自宅で平常のデスクワークをしているときにも起こりうる可能性があります。

速攻でむくみ解消

むくみ足や恐ろしい血栓を予防するには、1~2時間おきに休憩して、軽い運動をするのがおすすめです。

運動と言っても大げさなものではなく、オフィス勤めの方なら1階上のトイレに行くとか、水分をとりに行ったついでに屈伸運動をするなど、すぐに実行できそうなことでOK♪

むくみは、気づいたときにすぐ解消!

これが鉄則です。

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ