ノロウイルス感染症が流行っています。正しい手洗いの方法と消毒の仕方

スポンサーリンク

インフルエンザだけではなくノロウィルスも流行中

1つ前の記事でパパがインフルエンザb型になった話を書きました。

インフルエンザb型も大変でしたが、ママ友とlineしてたら、娘のお友達がノロウイルスになってしまい、ママ友も移ってしまったそうです。

インフルエンザもノロウィルスもなってしまったら後が大変!

そんなときに出掛けたマクドナルドで、タイムリーな広告を見つけてしまいました!

インフルエンザとノロウイルスが流行ってます

マクドナルドでお昼を食べ終わって帰るときに、娘のオムツを換えるためにトイレを借りました。

そこで見かけたこちらの文字が目に飛び込んできました。

当店の周囲でノロウイルス感染症とインフルエンザが流行しています。正しい手洗いは、感染症予防に効果があります。

えぇ!インフルエンザもノロウイルスも身近な人がなってるけれど、やっぱり我が家の周辺で流行ってる!と再確認しました。

インフルエンザとノロウイルスの予防には手洗いが有効ということで、イラストつきで正しい手洗いの方法も書いてありました。

1ハンドソープを手に取り、手のひらを合わせてこする

2指を組んで両手の指の間をこする

3両手を重ねて、手の甲をもう片方のてのひらでこする

4両手をにぎって指の背と手のひらをこする

5親指をもう片方の手で包み、つけ根からこする(人差し指、中指と同じくつけ根からこする)

6を立ててもう片方の手のひらをこする

7手首からひじまで丁寧にこする

8流水でよくすすぐ

9水をふき取る

(マクドナルド東高崎店の広告を一部アレンジして紹介しました)

正しく手洗いしようとすると、こんなに細かい作業が必要なのですね!10分くらいかかってしまいそう!

ちなみにハンドソープはいろいろなメーカーからでていますが、我が家は「薬用ミューズ」を使ってます。

でも、どのメーカーのハンドソープを使うかよりも、正しい手洗いができているかどうかのほうが重要かなと思います。

ノロウィルスになってしまったら

ちなみに我が家も、2年前の春に家族全員ノロウィルス感染症にかかりました。

始めは娘がどこかからもらってきて、パパと私に同時に移りました。そして、お弁当を届けにきただけの私の母にも移ってしまったのです。

感染症のウィルスの強力さって、あなどれないですよね!

ほんの10分ほどしか接触していない人にまで移ってしまうのですから。

その後、嘔吐と下痢が3日ほど続き、ずっとトイレと洗濯機が動いていました。

「インフルエンザとノロウィルスどちらが辛いか」と言われれば「ノロウィルスのほうが断然辛い」と断言できます!

インフルエンザは薬を飲んで休んでいれば治りますが、ノロウィルスは着るものから、布団から次から次へと洗濯物がでるので、まったく休めないし1日中トイレにいるのも疲れるし、食べたいものも食べられません。

まさに「壮絶」の一言につきると思います。

予防には先ほどご紹介した「手洗い」のほかに「うがい」も有効です。それと「ノロウィルスが流行っている」という話を聞いたときは人がたくさん集まるところはなるべく控えたほうがいいよ思います。

でも、もしノロウィルスになってしまったらキッチン用のハイター(次亜塩素酸ナトリウムを含んだもの)が一番効果的です。アルコール消毒では菌を倒せません!

空の2リットルのペットボトルにペットボトルの蓋2杯くらいのキッチンハイターを入れて水を入れよく混ぜたものをドアノブから触ったところすべて拭きましょう。

衣類やシーツなどが汚れてしまった場合は捨てられる物は捨ててしまい、捨てられない衣類などは、手袋とマスクをしてキッチンペーパーなどで拭きとってから消毒し洗濯したほうがいいと思います。

ちなみに、ノロウィルスは乾くと空気感染するので早めに処理をしたほうがいいですよ。我が家の場合、空気を入れ替える為に全部の窓とドアを開け放したとたんに、パパと私が同時に「ウップ」となったのがきっかけにノロウィルスに感染しましたから。

まとめ

ノロウィルスの流行は冬場だと言う人もいますが、私の感覚だと春先のほうが流行る気がします。

これからゴールデンウィークが始まるのに、インフルエンザやノロウィルスなどの感染症になってしまったら悲惨です。

自宅に帰宅した際や外出先でトイレを借りた際には、こまめに手洗いうがいを心掛けましょうね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ