インフルエンザb型は忘れた頃にやってくる。4月なのに流行ってます!

スポンサーリンク

 忘れた頃にやってきたインフルエンザb型

今年の冬は家族全員インフルエンザa型にかかった我が家。

もう二度とこんな思いはしないように、来シーズンには必ず予防接種を受けようと決意していました。

a型には1回なったので、b型に気をつければ大丈夫だろう!と思っていたのですが、b型の流行時季は3月まで。なので今シーズンは、もうインフルエンザに振り回されることはないだろう!と思っていたのです。

でも先日パパがインフルエンザb型と診断されてしまいました。

 1回のシーズンにインフルaとb両方なったパパ

パパはインフルエンザb型と診断されるまで「頭が痛い」とか「寒い」とかよく言っていました。

でも、まさか4月に入ってインフルエンザになるとは思いませんでした(>_<)

しかも、今シーズンにはa型になっているので2回目です。辛そうでかわいそうです…。

そんな話を会社でしていたら、会社の先輩から「娘のスイミングでインフルb型が今流行っていると聞いたよ」と教えてもらいました。

先輩の娘さんが通っているスイミングスクールは、我が家のすぐ近くなので、パパもインフルエンザb型になったし、私が住んでいる地域で流行っているということなのでしょうか?

インフルエンザの感染力!恐るべきです!

ちなみに、私と娘も病院で検査しましたが、2人とも陰性でした。潜伏期間も考えるとまだまだ安心はできませんが娘も3歳近くなり、体力が大分ついてきたしたぶん大丈夫でしょう。

インフルエンザなどの風邪症状は飛沫感染接触感染で移るそう。

なので、パパを2階の使っていない部屋に隔離し、娘には「お仕事へ行っている」ということで通しています。

でも、2日目くらいから何故だかバレて

「パパちゃん、ご病気だからポッポのお部屋でネンネしてるの?」と聞かれてしまいました(笑)

「ポッポのお部屋」とは鳩時計が置いてある部屋のことです。娘は鳩時計から出てくる鳩が怖いので、よく私たちが「ぽっぽがくるよ!」とか「ぽっぽのお部屋連れてくよ」とか言っているので、お仕置きされていると思っているのでしょうか?

そんな感じでひたすら寝ているパパ。

インフルエンザb型は熱が微熱だというけれどパパは38度台からなかなか下がりません。それに、a型と比べるとb型のほうが重症化しないと言われていますが、パパはa型のときよりも大変そうです。

まとめ

「インフルエンザb型は忘れた頃にやってくる」

「インフルエンザの予防接種は必ず受ける」

この2つを今後の教訓にしたいと思っています。

私と娘はピンピンしているのに、パパだけかかったのは疲れが溜まっていたのだと思います。パパ曰く、「家族で回転ずしに行ったときに移されたんだと思う」と言っていました。

楽しいゴールデンウィークが控えているのにインフルエンザになってしまったら、悲しいです。

皆さんの地域でも隠れインフルbの方もいるかもしれませんのでお出かけした後などは手洗いうがいを忘れずにしましょう。

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ