ワーキングマザーの転職事情。子育てと家庭と企業の交流会に参加

スポンサーリンク

転職は35歳まで?

夫婦ケンカの理由って「お金」のことが多くありませんか?

我が家の場合、「家計の収入が安定しない→私の収入が安定しない→私に転職して欲しい」という図式でケンカになります。

30代の転職ってほんとうに難しいです。「転職は35歳まで」とよく言われますが、ただでさえ仕事と家事・育児に追われている毎日なのに、それに加えて転職活動なんてもう無理!と思っていました。

だけれど、何もしなければ何も生まれない!と思いなおし、先日、勇気を出して「子育てと家庭と企業の交流会」に行ってきました。

参加企業さんからいただいた協賛品

私の転職事情

交流会の感想の前に、私の転職事情について書かせてください。

パパは私に単に転職して欲しいだけでなく以下の希望もあるみたい。

・いきいきと楽しみながら仕事をしてほしい

・収入をアップさせて安定した金額を稼いでほしい

・福利厚生がしっかりしていて、休みも多い会社に長く勤めてほしい

でも、これらすべて満たす条件の会社に自分が選ばれる可能性って低くないですか?

取捨選択しなければ新しい職につけないと消極的な私の姿勢にパパがイライラしてしまい、ケンカになるのです。

独身の頃は接客業や営業職に携わってきたので、同じ業界に戻りたい気持ちがあります。

でも、それらの業界は仕事が終わる時間も遅いですし、休みも少ない。それに土日祝日も出勤しなければなりません。

なので、おじいちゃんやおばあちゃんなど、いざ子供が具合が悪くなって保育園に登園できないときにめんどうを見てくれる人がいないと、難しくないですか?

でも、パパの考えは「なんとかなる」なんです。心配性な私としては、子供と接する時間が少なくなること、家事と仕事を両立しなければならないことを考えて、前に進めないでいるのです。

子育てと家庭と企業の交流会

さて、そんな私ですが、思い切って「子育てと家庭と企業の交流会 ママカフェ」へ行ってきました。

会場は高崎市にある「エル・フリオ」というオシャレなカフェ。無料の託児スペースも設けられていました。(ちなみに参加費は500円です)

面接などでの自己PRのポイントと、子育てママが社会参加できるように各企業が取り組んでいることなどを直接企業の人事の担当者とお話しできました。

20人ほどのママさんと、4つの企業で2時間みっちり交流がもて、とても有意義な時間でした。

実はこの交流会、抽選でした。クジ運の悪い私は「もしかしたら参加できないかも」と思っていたのですが、無事当選しました。これも何かの縁ですね。

専業主婦の経験が就職に役立つ

交流会のなかでの研修で「目から鱗」の発見がありました。それは「家事の経験が企業へのPRポイントになる」という視点を持つこと。

どういうことかと言うと

家事のなかでも「丁寧な掃除」を得意としているママさんがいるとします。この「丁寧に掃除ができる」というところから仕事にどのように役立つか考えると

・細かいところに気づいて自分から動くことができる。

・どんな小さなミスも見逃さない

・一緒に働いている人の変化に気がつく

・細かい配慮ができる。

こんな感じでアピールポイントがでてきます。この要領で私のアピールポイントを考えてみると、現在、仕事と家事をこなしている私にはこんなアピールポイントがでてきました。

・家庭と仕事を両立させるために、効率的に仕事をすることができる

・限られた時間のなかでベストなパフォーマンスをすることができる

・手際よく全体を見回しながら仕事をすることができる

今のままの自分にもアピールポイントが見つかるなんて思ってもみなかったので、びっくりしました。ちなみにこのアピールポイントは隣に座ったママさんに発見してもらったのですよ。

結婚後、妊活のために当時勤めていた会社を退職し、約2年間家庭に入っていました。

再就職する際は社会から取り残されている気持ちや年齢的な不安もあり、就職活動に積極的になれませんでした。今回参加したママさんも、当時の私と同じような状況のママさんも多かったと思います。

そんななかでもアピールポイントを見つけることができる!って大きな励みになりませんか?

企業との交流会

交流会は以下の4社の企業と行いました。

・株式会社エムダブルエス日高

・群馬ヤクルト販売株式会社

・株式会社田村屋

・株式会社ハンプティーダンプティー

各企業がママさんを雇用するにあたって取り組んでいることが聞けて、とても勉強になりました。

そして、世の中には働くママさんを応援する企業があるんだということに勇気をもらったし、逆に子供を産んでいるママさんだからこそ雇用したい!という企業の姿勢に励まされました。

まとめ

最後にハローワーク高崎のマザーズコーナーの所長さんが「仕事をやっているお母さんはかっこいいんだよ」という背中を見せたくて私もがんばっています!という話をされていました。

私もまったく同感で、仕事をしているからこそ毎日の生活にメリハリがつくし笑顔にもなれる!と思っています。

家計のために収入を増やしたい!でも、子供と接する時間ももちたい!自分の好きな仕事をしたい!働くママにはさまざまな悩みがあると思います。

私自身、毎日奮闘中で未だにどのような道が良いのか答がでていません。でも、交流会へ参加したことで視野が広くなり、「みんながんばっているんだぁ」と前向きな気持ちになれました。

家庭に入っているけれど仕事を探しているママさん・ワーキングマザーのみなさんと共に、社会のなかで自分がどのように活躍できるか、これからも模索していきたいと思った交流会の話でした。

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ