白駒の池のご紹介。原生林と苔の里でハイキング♪

スポンサーリンク

白駒の池へ

私の大好きな癒しスポットの1つ、長野県佐久穂町の白駒の池へ行ってきました。

白駒の池は520種類にも及ぶ苔の聖地として知られています。またJR東日本のCMで使われた場所でもあります。

うっそうとした原生林のなかはまるでジブリ映画「もののけ姫」の世界。とても神秘的な雰囲気なんですよ。

白駒の池でハイキング

私の住んでいる群馬県からだと白駒の池まで約2時間30分。だんだんと高原らしい景色に変わっていきます。

標高1000mあたりから白樺林が見えてきました。

さらに進むと「白駒の池駐車場 満車」の看板が。「え!もう満車なの…」と不安になりながらも、白駒の池の駐車場へ。

8時30分ころ到着で白駒の池の駐車場は残り数台でした。入口で駐車料金500円を支払います。

白駒の池の駐車場に着いた時点で、真夏なのにひんやりとした空気。それもそのはず。白駒の池の駐車場は標高2100mです。

ここで長袖のシャツに着替えます。寒すぎて池まで行くのを断念していた人もいたので、羽織物は必須です。

着替えの後は、白駒の池の駐車場でトイレをすませましょう。トイレの料金は50円です。白駒の池にもトイレはありますが、登山客用のトイレなので、なるべく駐車場のトイレを利用しましょう。

白駒の池の駐車場では、無料の地図とパンフレットを手に入れましょう。苔の名前が書いてあるパンフレットがあるので、それを見ながら散策します。

準備ができたら入口から白駒の池を目指します。ここから10分~15分で白駒の池に到着です。

犬を連れてきていた人が環境保護のため、入山を断られていました。昔は、犬を散歩させてた人多かったのになぁ。

歩き始めると、さっそく原生林と苔の世界です。

かわいい苔。名前はなんだろう。

分岐点です。

分岐点からどっちまわりでもまわれますが、混雑時は登山客以外は時計まわりです。

白駒の池が見えてきました!

白駒の池の標高は2115m。水深は8.6mもあるんですって。

かわいい山小屋の白駒荘。ここまでで入口から20分です。

軽食やお茶も楽しめます。名物は「ほうずきサンデー」です。ペットボトルのお水も買えます。

白駒荘オリジナルの「コケ丸グッズ」も可愛いです。

ここ白駒荘からはボートにも乗れます。

私たちは白駒荘を後に、さらに道を進めます。

珍しいギンリョウソウ。別名ユウレイタケ。姿かたちが幽霊みたいですね。

こちらは「ヨシナガムチコケ」です。

JR東日本のCM撮影のときに吉永小百合さんに「同じ名字ですね」と紹介したのだけれど、あまり喜んでもらえなかったのだとか。

かわいいキノコも

途中、「にゅう」へ分かれる看板が。

白駒の池からは「にゅう」「丸山」など初級~中級者向けの山にも登れます。

私も以前に「にゅう」の山頂まで登りましたが、山頂から白駒の池が見えて眺めは圧巻です。(往復3時間ほどです)

さて、娘は散策に飽きてきたのか遊びはじめました。

このあたりで散策を終わりにしました。

まとめ

白駒の池の周囲は約1.8km。約40分の道のりを3時間かけてゆっくり散策しました。

帰るころには、駐車場が満車で駐車待ちの車でいっぱい。早く来て正解でした。

暑い夏は避暑に。これからの季節は紅葉に。白駒の池はオススメですよ。

※白駒の池駐車場が満車の場合は、「八千穂高原スキー場駐車場」又は「レストハウスふるさと」から無料のシャトルバスがでています。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ