バンコクでドリアンに挑戦!気になる値段、臭い、味、お土産とは?

スポンサーリンク

ドリアンって美味しいの?

タイ旅行中にスーパーはもちろん、屋台などいたるところでドリアンを見かけました。

ドリアンと言えば臭い果物というイメージが強いですが、実際の味はどうなんでしょう?

好奇心旺盛な私はタイ旅行中にドリアンに挑戦してみました。

気になるドリアンのお味は?

ドリアンを食べたことがある旦那さん曰く「俺は味は好きなんだけれど臭いが苦手」だそう。

臭いけど美味しいんだ!と思い込んだ私は、旦那さんに「やめておいたほうがいいよー」と言われたのにもかかわらず屋台でドリアンを購入。

私が買ったものはカットされたドリアンが5切れほどパックされていました。お値段200バーツ(約680円)。

タイではドリアンを日本の約8分の1くらいの価格で買えると聞いていていたのですが、そこまで安くない印象でした。

さて、怖いもの知らずの私は、さっそく食べてみました。

その瞬間「うっ。。。むり。。。」と私の体全体に悪寒がはしりました。

口の中に生ごみのような臭いが充満し、味を感じる隙がありません。

結局1口で断念してしまいました。

それにしてもドリアンの臭いってほんとに強烈です。玉ねぎが腐ったような、硫黄のような…。

そんな強烈な臭いから、私が泊まったホテルでは、ドリアン持ち込み禁止の張り紙が貼ってありましたし、ツアーに参加した際にはガイドさんに「バスの中にドリアンを持ち込まないでください」と言われました。

旦那さんには「だからやめたほうがいいよって言っただろー」と言われてしまいました。

※写真を撮ろうと思ったのですがあまりの臭さと強烈な味のため写真を撮る余裕がありませんでした。

ドリアンチップス

生のドリアンを食べて、大変な思いをしたのにドリアンチップスなら美味しいかも?と思い、今度はドリアンチップスに挑戦。

写真のドリアンチップスは1袋495バーツ(約1683円)でした。4つに小分けされていて、袋はジップロックになっているのに開ける前から臭います(汗)。

懲りない私は、またパックっと一口。

「ドファ!!!」

やっぱり、チップスでもドリアンの独特な臭いはするし私には美味しさが感じられませんでした。

前回の記事でタイで買って失敗したお土産の話をご紹介しましたが、実は失敗したお土産のNO1は間違いなくこちらのドリアンチップスです。

話の種にもなるし、バツゲームのときには盛り上がるのである意味おススメのお土産かもしれませんけど。

ドリアンのキャンディー

ドリアンチップスにも懲りたのにそれでも、ドリアンの美味しさを味わってみたい!!!と思い買ってみたのがドリアンのキャンディーです。

お値段140バーツ(約476円)。

ちょっと懲りてきた私は、まず臭いを確認。うん。臭いはするけれどだいぶ大人しい臭いになってきました(笑)

これなら期待もてそう。

食べてみると、キャンディーというよりはグミみたいで、まぁまぁ美味しかったです!

このキャンディーならばドリアンの臭いもマイルドでドリアンの味も堪能できるので、ドリアンを試してみたい人にオススメです。

まとめ

生のドリアン・ドリアンチップス・ドリアンのキャンディーを食べてみた結果、やっぱりドリアンはそんなに美味しいものではないのかも?と思いました。

旦那さんは味が好きって言っていましたが、私は味もあまり好きになれませんでした。

あまったドリアンチップスをキャンディーは、ドリアンの好きな人を見つけてプレゼントしましたよ。10人に1人くらいの割合で好きな人がいました(笑)

もしよかったらあなたもチャレンジしてみてくださいね。案外好みかもしれませんよ。

逆に美味しかったのはココナッツ。よかったらこちらの記事もどうぞ→タイでココナッツ三昧。おススメのお菓子やお土産まとめ

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ