いちご狩りのシーズン到来!噂の白いちご「淡雪」の気になるお味とは?

スポンサーリンク

いちご狩りの季節

今朝、窓のカーテンを開けると、外の畑にうっすらと雪が積もっていました。暦の上では春でも、まだまだ寒い日が続いています。

さて、我が家は今日「いちご狩り」へ行ってきました。実家の母も誘って大人3人と娘の4人で、いざ出かけようと思ったら…

「そういえば、予約してあるの?」とパパが一言。

「え!してないよ!!!行けばなんとかなるんじゃないの?」と私。

パパと母に、念のため電話して!と言われたので目的の苺園へ電話すると…

「すみません…今日は予約のお客様でいっぱいで」と断られてしまいました。

急いで他のいちご園に電話すると、やはり「今日は予約のお客様のみでお願いしてるんです」と再び断られてしまいました。

2か所も断られてしまったので、焦ってきた私。3か所目に電話をかけると、なかなかつながりません。するとスマホでいちご園を知らべていたパパが「ここ評価がいいよ」というので、電話を切って、4か所目のいちご園に電話しました。

すると、「1組なら受け付けられます!10時からなら白いちごもありますよ」という、うれしい返事。最近、テレビや雑誌で白い苺の特集をよくみかけていた私は、噂の白いちごが食べられるということで、ウキウキしながら群馬県富岡市の「高田いちご園」へ向かいました。

いちごの他の記事もよかったらどうぞ~

1月5日は「苺の日」旬の果物を食べて元気になろう。苺の豆知識1

1月15日は今月2回目の「苺の日」おすすめの品種6選。苺の豆知識2

高田いちご園

高田いちご園は上信越自動車道富岡インターから車で5分ほどの場所に位置しています。午前10時の予約に間に合うように、9時40分くらいに到着すると、すでに30人くらいのお客さんがいました。

車のナンバーを見ると「春日部」「湘南」など県外のナンバーもいっぱい。いちご狩りが終わったら世界遺産に登録された富岡製糸場にでも行くのかな?

それにしても、富岡市に大勢のお客さんが来ているとは驚きです。しかも、外国人のお客さんも大勢来てたのですよ!それだけ今がいちご狩りのシーズンということですね。

料金もシーズン料金でした!

期間 大人(中学生以上) 小人(小学生) 幼児(3才以上)
1月7日~2月25日 1,700円 1,500円 1,100円
2月26日~4月7日 1,500円 1,300円 900円
4月8日~5月7日 1,200円 1,000円 700円
5月8日~終了 900円 700円 500円

高田いちご園へ到着して料金を支払うと、うれしい白いちごのプレゼントがありました。

白いちごは、ビニールハウスの中でも食べられますが、最初にプレゼントしてもらうとテンションあがりますよね!写真のようにピンク色が食べごろ。

こちらの白いちごは、「淡雪」という品種。「さがほのか」の変異種なんだそう。適度に歯触りを感じる固さがあり、糖度は13度~15度と言われ、酸味は少なく甘いいちごです。

見た目の印象に対してとっても甘く、ビニールハウスの中から「白おいしい!」「白うまい!」の声があちらこちらから聞こえてきました。

高田いちご園では、桑の葉を肥料として入れていることと、見た目の白さから、富岡製糸場の「まゆ」にちなんで「まゆいちご」と命名したそう。ナイスネーミングですよね。

ビニールハウスには、この「まゆいちご(淡雪)」の他に、静岡県の「紅ほっぺ」関東で最も多く出回っている「とちおとめ」地元・群馬県の「やよいひめ」愛媛県育成品種の「あまおとめ」などがズラーっと並んでいました。

こんな感じで説明文があったのも良かったです。

いちごを無心で食べているとハチさんが飛んでいるのに気がつきました。受粉しているのかな?

高田いちご園は減農薬栽培に取り組んでいるということで、安心して食べられました。それに、立ったままいちご狩りを楽しめる高設栽培だったので楽ちんでしたよ。

さて、思い思いに30分、いちごの食べ比べした感想はというと…

私…白いちご「淡雪」を初めて食べることができてうれしかった。お味もあっさりとした甘さでお気に入りに。でも、やっぱり「とちおとめ」が一番好き!大好きないちごを思う存分食べることができて大満足!

パパ…いちご狩りは子供の頃以来。最近はいろいろな品種が出回っていて、食べ比べできたのが良かった。白いちごは美味しかったけれど、歯ごたえが物足りない感じで、やっぱりいちごはシャキシャキした歯ごたえが欲しい!大きくて艶のあるいちごが食べられて良かった。

母…白いちごは上品な味で美味しかったけれど、やっぱりいちごは赤であって欲しい!30分で1700円取り戻せて満足。以外にいちご狩りが楽しいと感じた。

娘…白いちごは口に入れたけれど出してしまいました。(もったいない)赤いいちごは、小さい粒を選んで食べてましたよ。

とう感じで我が家では白いちごは、私以外にはあまり人気がありませんでした(笑)

高田いちご園

住所:群馬県富岡市上高瀬1136 

問い合わせ:090-2327-7522 

営業時間:午前10時より

定休日:火曜日と水曜日

いちご狩りへ行くときのポイント

・高田いちご園ではコンデンスミルクとおしぼりを用意してくれましたが、自分でもおしぼりを用意したほうがいいかも。

・いちご狩りをするときは、いちごを傷つけないように小さなバック(ウエストポーチなら最高)で身軽に動けるようにしましょう。

・いちごを採るときは、ひっぱらないで、手首をひねりながら採るのがポイントです。

・園内にハチがいましたが、驚かないで刺激しないようにしましょう。

・白いちごは、私たちが帰るときには、もうなくなっていたので、いちご狩りのは朝一番に出かけるのがいいのかな?と思いました。

・30分で料金のもとがとれるか心配でしたが、十分もとがとれます!慌てないで美味しそうないちごを吟味して味わいましょう。

まとめ

白いちごが食べられたので、他のいちご園に断られて、結果オーライでした!

いちご狩りは今月いっぱいがベストシーズンです。家族連れでも、カップルでも友達同士でも、もちろん1人でも楽しめます。

思いのほか混んでいたので、土日に出かける場合は必ず予約しましょう!(私みたいになるので…)

群馬には、今日ご紹介した「高田いちご園」の他にも、モーツァルトを聞かせて育てたいちごをモーツァルトを聞きながら採れる「ファームクラブ中里農場」やコンビニのお菓子を製造しているドンレミー直営の「ドンレミーファーム」などオススメのいちご園がいっぱいです。

来週の土日は群馬にいちご狩りへいらっしゃいませんか?

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ