初めての電車でのお出かけが悲惨だった件。帰路も帰宅後もグズった娘

スポンサーリンク

 上野動物園の話

春休み、いかがお過ごしですか?

ここのところ雨模様で残念なお天気ですが、お天気が良ければ「お花見」や「バーベキュー」も良さそうですよね♪

さて、昨日は娘を連れて電車での初めてのお出かけ「上野動物園」へ行ってきた体験をご紹介しました。

今日は、その続きで「上野動物園」へ着いてから帰宅した後の話を書いてみたいと思います。

娘は2歳。これくらいの子どものお出かけって難しいですよね。本当に苦労しました。

 上野動物園での様子

上野動物園の手前で2時間ほどグズられて、やっとの思いで上野動物園へ入園した私たち。一緒に行ったママ友と娘の友達には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

家の中でグズられるのも大変ですが、外でグズられると人の目も気になってしまいます。それに、今までで一番のグズり具合だと思われるダイナミックなグズリンをされて精神的にまいってしまった私。

「ベビーカーにのろう」と誘ったことがきっかけで、グズリが収まったので入園後すぐにベビーカーに載せました。

上野動物園往路の話はこちらから読めます。

上野動物園へ行ってきた。2歳の娘を連れての遠出は壮絶すぎました!

ベビーカーに乗ったのは良かったですが、娘は眠かったのか動物に興味を示しません。

私も疲れきってしまい、パンダを見る為に並んだのですが、パンダを娘に見せる余裕がありませんでした。(一旦、ベビーカーから降ろして抱っこする気力がなかったのです)

そんな感じでダラダラと動物を見て回った後、外に設けられていたイートインスペースで軽食をとり、再び園内を散策することに。

すると…ゾウがいるところで少し興味がでたのかしばらくゾウを観察していました。

「群馬サファリパーク」のフリーパスポートを持っているので、娘はゾウを何回も見ていますが、上野動物園のゾウのほうがゾウの動きがリアルに感じられたようです。

娘は今度は、東園から西園へ移動する際に自分でベビーカーを押したがり、荷物を座席に乗せ自分でベビーカーを押し始めました。

自分の意思がハッキリしていて、気の強い娘は私の反対を押し切り楽しそうにベビーカーを押していました。

しかし、春休み初日の動物園。人もたくさんいます。たくさんの人にぶつかりそうになりながら、ベビーカーを押す娘。そして、それを阻止できない私。

なんとも情けなし、周りの人に迷惑になってしまうし再び胃が痛くなってしまったのです。

しばらくして、疲れた頃を見計らって再びベビーカーに乗せると、スヤスヤ寝ていました(笑)

「眠かったよね」「初めての電車での遠出で疲れたよね」「人が多くてびっくりしたよね」

子どもの寝顔を見ると、親のほうもとたんに優しい気持ちになれるので不思議です。

その後、西園の池之端門からタクシーに乗って上野駅に無事到着しました。

ここで話が終わればいいのだけれど、ここからが壮絶だったのです。

上野動物園からの帰路と帰宅後

帰りも行きと同じくグリーン車に乗って、ほっと一息。

しかし、娘は赤羽あたりで「早くお家に帰りたい」を1駅ごとに言いはじめました。なぜって?ヤマシロヤで買ったおもちゃで早く遊びたかったからです。

上野動物園につくまでのグズリがトラウマになっていた私は、電車の中の人が少なくなったころを見計らって、少しずつオモチャを取り出して遊ばせてしまいました。

高崎駅に着いたころも一歩間違えば逆鱗に触れるような状態が続きました。

本当は夕飯を食べてから帰りたかったのですが、ママ友にお願いしてそのまま帰ることにしました。帰りの車中は駅のコンビニで買ったハリボーの熊さんのグミを食べさせながらなんとか無事に家に着きました。

そして、帰宅後に娘のグズリが再発動したのです!

ヤマシロヤで買ったおもちゃでひとしきり遊んだ後、夕飯にしたのですが、うどんの汁を(たぶんわざと)こぼすし、お茶もこぼしました(これもわざと)

仕事に行っていたパパから夜電話があり、「今から漫画喫茶に行ってきてもいい?」というもんだから「お願い。他の日は帰ってこなくてもいいから、今日は1分1秒でも早く帰ってきて!!!」とお願いし、帰ってきてもらいました。

その後、就寝前の21時に大きなグズリが始まり、一旦寝てからの23時頃おきて再び大きなグズリが始まりました。

疲れきってしまった私は、仕事で疲れて帰ってきているパパに申し訳ないと思いつつも、気が付けば寝落ちしていたのです。

まとめ

次の日の朝、娘起き抜けの一言は「もう泣いてないよ」でした(笑)

初めての東京にカルチャーショックをうけて、昨日は泣いていたのかと思って「人が多くてびっくりしちゃったの?」と聞くと、ウンと大きくうなずいていました。

まだ3歳になっていない娘が東京に遊びに行って楽しかったのか?と考えると、わかりません。「無理をさせてしまったのではないか?」「もっと近場で遊ばせたほうが良かったのか」と思うところはありますが、良い経験になったと思います。

なかには海外まで連れ行く人もいますもんね!東京くらい気軽に連れて行けるようになりたいものです。

ちなみに、一緒に行ったママ友は次の日も娘ちゃんを連れてまた東京に遊びに行ったみたいです。20代ママと30代ママの体力の差を感じてしまった、あかつきでした。

ふぅ。それにしても今度のお休みは少し手を抜けるような場所へ遊びに行こうと思います。

2日間にわたり最後まで読んでいただきありがとうございました。子どもを連れてのお出かけの際に工夫していることや気をつけていること等があればぜひ教えていただきたいです。あと、何歳くらいになればスムーズにお出かけできるのかも!先輩ママさん!お願いします!

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ