クマが物語る過労や睡眠不足 あなたのクマは青・茶・黒のうち何色?

スポンサーリンク

切実な悩みは目元のくま

しわ、シミ、くすみ、といったお肌の悩み。

私は、まだまだ大丈夫と思っていたけど、そろそろ真剣にエイジングケアをスタートしなければと思っています。

中でも今いちばん気になるのが、目元の「クマ」です。

どんなに気をつけていても、フッと気づくとクマがくっきり!せっかくキレイにメイクしても、クマがあるだけで全て台無しになります。
クマって、どうしてできてしまうんでしょうか。

クマのできる原理

まず、目の下部分の皮膚は、他の箇所に比べても格段にとても薄いんです。およそ0.6ミリ程度で、ちょうど卵の薄皮くらいしかありません。

それほど薄いので、皮膚の下が透けて見えたり、体調の良し悪しの影響が出やすくなるみたいです。

クマの種類

ところで、ひとくちにクマと言っても、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類があるってご存知でしょうか。

それぞれに出来る原因も対処法も違うので、自分のクマが何色かを確認してみましょう。

■□青クマ□■

目の周りの毛細血管の血流が滞る、いわゆる血行不良が主な原因です。

血行不良の原因になるのは、寝不足や不規則な生活、それに疲れやストレスなどです。さらに今の時代、パソコンやスマホを長時間、見続けることも目の周りのうっ血を招く大きな原因になっています。

改善策は、ズバリ!血行促進です。

適度な運動や、血流促進のマッサージなどを毎日少しでも取り入れることが望ましいです。

目元のセルフマッサージは、力加減によっては逆にしわを作ってしまったりするので、ツボ押しの方がおすすめです。

左右の目頭から鼻寄りのくぼみ部分 → 下まぶた → 目尻の順で、中指の原部分で押します。このとき、力は入れず優しく押すのがコツです。

あと、目がつかれたなぁと思ったら、ホットタオルで目元を温めてあげるのも血行を促すのでお薦め

■□茶クマ□■

クマのできている部分の皮膚を軽く引っ張ってみて、クマが薄くならないようなら、それは茶クマです。

これは色素沈着が原因のクマなので、改善策は美白と代謝促進。

まず、もうこれ以上、メラニン色素を増やさないために徹底的にUVケアをしましょう。その上で、美白効果のある化粧品を取り入れて、お手入れすることが必要です。

目元はとてもデリケートなので、一気に解決しようとピーリングなどをするのは現金です。

■□黒クマ□■

このクマは、老化による目元のたるみやむくみによって、目元に影ができている状態です。皮膚の形状の変容なので、残念ながらメイクでは隠せません。隠そうと厚塗りにすると、かえって目立ってしまいます。

改善策は、コラーゲンやヒアルロン酸配合の美容液などで、ハリをアップすることがおすすめです。また、青クマ同様に優しくツボ押しをしてあげるのがいいでしょう。

3色のクマ、それぞれの対処法で、少しでもクマの改善に努めましょう。クマがないと、目元がパーッと明るくなって、多少のしわがあっても、若々しく見えるものです。

それでも、ついつい夜更かししてしまったり、忙しくて疲れがたまったり、古い色素沈着がなかなか解消されなかったり、いつも以上にクマが気になるときもあるかと思います。

そういうときにお薦めなのがコンシーラー。上手に用いることで、一時的に目元のクマを薄く見せてくれます。

コンシーラーにも、用途や種類がたくさんあるので、ご自分のクマの種類や肌質に合ったものをぜひ見つけてください。

スポンサーリンク
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ